JavaScriptを有効にする方法

次の手順に従って、Web ブラウザの JavaScript テクノロジを有効にします。

Internet Explorer


Web ブラウザのメニューバーから次の操作を行います。
  1. 「ツール」 - 「インターネットオプション」の順に選択します。
    「インターネットオプション」ダイアログボックス
  2. 「セキュリティ」タブをクリックします。
  3. 「レベルのカスタマイズ」をクリックします。
  4. 「セキュリティの設定」ダイアログボックス
  5. 下にスクロールして、「Java アプレットのスクリプト」に移動します。
  6. 「有効にする」をクリックします。
  7. 「OK」をクリックします。
  8. 「OK」をクリックします。


Mozilla


Web ブラウザのメニューバーから次の操作を行います。
  1. 「編集」 - 「設定」の順に選択します。
    「設定」ダイアログボックス
  2. 「詳細」 アイコンをクリックします。
  3. 「スクリプトとプラグイン」を選択します。
  4. 「JavaScript を有効にする」の下の「Navigator」チェックボックスをオンにします。
  5. 「OK」をクリックします。


Netscape


Web ブラウザのメニューバーから次の操作を行います。
  1. 「編集」 - 「設定」の順に選択します。
    「設定」ダイアログボックス
  2. 「詳細」 アイコンをクリックします。
  3. 「スクリプトとプラグイン」を選択します。
  4. 「JavaScript を有効にする」の下の「Navigator」チェックボックスをオンにします。
  5. 「OK」をクリックします。


Mozilla Firefox


Web ブラウザのメニューバーから次の操作を行います。
  1. 「ツール」 - 「オプション」の順に選択します。
  2. 「Web 機能」をクリックします。
  3. 「JavaScript を有効にする」チェックボックスをオンにします。
  4. 「OK」をクリックします。


Opera


Web ブラウザのメニューバーから次の操作を行います。
  1. 「ファイル」 - 「クイック設定」の順に選択します。
  2. 「JavaScript を有効にする」チェックボックスをオンにします。
  3. 「OK」をクリックします。
伊香保クリニック